ニュースリリース

岐阜県生まれの間伐材(地産地消型)ペーパーの取扱開始 ~森林保全と地域貢献の両立~

 サンメッセ株式会社(本社:岐阜県大垣市、代表取締役:田中 義一、以下サンメッセ)は、「岐阜県生まれの間伐材(地産地消)ペーパー」の取り扱いを開始しました。 
 この間伐材ペーパーは、岐阜県の森林から切り出された間伐材を原材料として、岐阜県内の製紙工場にて、10~30%を含んだ形で作られたものです。
 この用紙は、他の用紙と比べ、「プロダクト・マイレージ※」が少なく、環境に配慮した資材であり、岐阜県内に事業所を置く企業において、環境負荷低減と地域貢献を謳うことが出来る社会貢献型の製品となっています。
 具体的な使用用途として、封筒や手提げ袋、クラフト系の自然な風合いを生かしたカレンダー、リーフやパンフレットなどにご活用が可能です。
この間伐材ペーパーの利用をすすめることにより、岐阜県の森林保全を支援、地域貢献活動が出来るため、企業のCSR活動の一環としての提案をすすめています。
なお、弊社では、封筒・手提げ袋にこの間伐材ペーパーを使用しています。

※プロダクトマイレージ・・・製品の原料調達から手元に届くまでの移動距離の総計

関連資料