夢ある企業への創造にチャレンジ

印刷業界は危機か そして、ポストコロナの時代に必要とされるのか

お取引するお客さまが特定の業界に偏らないことから、かつては「不況に強い業種」と認識されていた印刷業界は今、ペーパーレス、資源枯渇、消費者ニーズの多様化といった社会の変化の中で、その存在価値を問われています。
そこに発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、それまでの生活やワークスタイル、ものの考え方までを変える大きな分岐点となりました。
コロナを経験したこれからの社会に、印刷会社はどう貢献していくのか。
サンメッセを取り巻く環境は大きく変化しています。

未曾有の大変革期を生き抜いていくために私たちは「3つの基本経営戦略」を同時多発的に展開していくことで2035年の100周年を見据え「社会に選ばれる会社」で有り続けることに挑みます。